ついでにもう少し。

肺炎が完治してもいないのに、先月、でかめの腫瘍を摘出したばかりで尻の縫い目がまだ痛い、ああ、辛いってところなんで、長い文章を書く気が起きないんだけれど、ついでだから、もうひとつ書いておくか。

普段、そんなに積極的にはポストしたりシェアしたりしない知人の中に、コロナ以降、何だかあれあれ急にやや饒舌になっていますね、と思える人が何人かいます。その数人はどういうわけだか、みんな、PCR検査なんかやっても無駄だ、という論調なんですよ。しかも、ちょい強めの。
不思議だ。なぜ急にそう発信せずにはいられない気持ちになったんだろう。そんなことを思う。

盆暗な私の意見としては、必要な検査を積極的におこなわないことを推奨するのは科学的な態度じゃないし、高熱が出ても4日も待ってろとか、まるで理解できない。医療の放棄、知性の放棄だと思う。
検査の量と感染者の量とはリンクしているように思われがちだけれども、検査してもしなくても感染している人は感染しているし、また逆も真なり。仮にものすごくたくさんの感染者が発覚したとしても、そこから先はマネイジメントの問題であって、個々のドクターのレベルの問題ではないし、ましてや、そのせいで患者(候補)に負担を強いるということはあってはならないことでありましょう。
私の頭が少なからずピンボケなのは自覚しているけれども、それにしても、そういう強めの主張をする人の意見やシェアしているものを読んでも納得のいく説明に未だに出合えていない。不思議だぜ。いやあ、まじで。
なぜ日本だけが特別なのか、誰か教えてほしい。世界ではどんどん検査をする方向にシフトしているし、徹底的に調べていく韓国のやり方を見習うべきだという書き方も少なくないのにさ。
コロナ狂想曲が始まるまでは、早期発見早期治療がとても大事。それが患者本人のダメージを少なくする一番の方法だし、治療期間も費用も少なくて済む。なので、結局は税金の節約にも繋がるんだってな説明を受けていたものだ。なのに、なぜ今回は違うの? しかも、日本だけが?
そういう不思議な疑問を抱えたまま日々過ごしていますよ。

先日、友だちのポストにコメントしたところ、私の理解力が足りないことを心配してくれたんでしょうね。見ず知らずのお医者さんが長文でコメントしてくれたんだけれど、まるで響かなかったですよ。というか、私があちこちで読んできたものと著しく異なるでたらめとしか思えない記述もいくつもあった。なので、いちいちお相手をつとめる気にもなれずにスルーしてしまった。ごめんね。
ただね、問題は彼が医者という看板を背負って書いているということなんですね。ネットの社会では声が大きい方が優勢になりがちだってことはあると思っています。その際に、肩書きが医者だとさ、この人が書いていることは真実に違いないって信じやすい気持ちになる人も少なくないでしょう。私の目にはいくらでたらめに映ったとしても。それが気になるんだ。

今朝見かけた16日付のWHOの親玉のコメントみたいなの。

「すべての国にシンプルなメッセージがあるんだ: 検査してくれよ、検査してくれよ、検査してくれよ。
検査せずには、それぞれの事例を切り分けられっこないし、感染の連鎖を断ち切ることもできないんだよ」

雑な人間が雑に訳すとこんな感じでしょうか。

ちなみに、私は医学的な知識などないど素人だし、積極的に多くの記事を読み解くような努力もしていない。気紛れにつまみ読みしたことをイカれた脳内でかき混ぜているだけなので、勿論、大きに間違っている可能性があるでしょう。そこんとこよろしくね。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

こんなことを呟いておく。

ご存知のように私は医学には何の造詣もなく、というか、所謂ど素人です。そんでもって、弛んだ生をへらへらと過ごしている戯けた者でございます。改めて言うまでもない。なので、私が書くことをいちいち真に受ける人もそうそうはいないだろうけれども……という前提の元、ちょっと体験談を書いてみようかな、と。

私、昨年、死に損なうってレベルで倒れたんですね。きっかけはインフルエンザで最終的には間質性肺炎で一ヶ月ほどの入院加療になりました。まだ通院は続いています。

で、何を書いておきたいかというと、高熱が4日続いたとするとどうなるかってことです。
人によって状況によってそれぞれだろうけれども、私の場合、まじでよれよれになりました。トイレまで歩けない。這っていくのがやっとという状態。食べるのは無理、水を舐めるだけ。とてもじゃないけれども、その状態で電話して相談などという気力体力何もありませんでしたよ。ただただ朦朧としているばかり。今でもその当時の記憶は曖昧なままです。
運良く、かかりつけのドクターに発見してもらえて助かりましたけれどもね。いや、やばかった。

昨今、新型コロナのおかげで、高熱が出ても普通の人は4日待ってから問い合わせの電話してくれってことだよなと思い込んでいる人がたくさんいるように思います。日本人の多くはとてもとても真面目で同調圧力にも弱く、もし高熱が出ても4日間は自力で頑張ろう、そういもんなんだ、って心算でいる人が多いのではないか、と。ところが、それを守っていたら生命に関わる危険な段階に陥る可能性もあるということを知っておいてほしいんですよ。
なので、やばそうだと思ったら、2日目だって……なんだったら1日目でもかまわないから、どこかに、誰かに助けを求めるべきです。いや、本当にそうするべきです。思い込みで頑張って危険な目にあってる場合じゃない。病気の時に助けを求めるのは当然のことです。

言いたいのはこれだけのことです。ぜひ、ご一考くださいませ。ま、素人の意見なんであてにしてもらっても困るんだけどね。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

おつかれ。

昨日今日、爆音で聴いたもの。

『Armed Forces』Elvis Costello & the Attractions
『Do It Yourself』Ian Dury & the Blockheads
『For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』the Pop Group
『New Age Steppers』
『Give ‘em Enough Rope』the Clash
『Argybargy』Squeeze
『Tribute to the Martyrs』Steel Pulse
『Never Mind the Bollocks』Sex Pistols
それと、工事現場音源をリピート

おつかれさま。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

どこへ

先日の通院でのこと。そろそろ少しずつ外出もはじめてみますか、という言葉をお医者さんからいただきやした。めでたいことである。

とはいえ、相変わらずアルコールは禁止されているわけで、ほな、わしはどこへ行けばええんじゃいってなことになりますな。

そう言えば、数日前に純喫茶を特集した雑誌を購入したばかりだったな。近場の純喫茶巡りでも企むべきなのかね。それなりの頻度で通っていた店はもはやひとつも残っていないけれども。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

いよいよ退院

1月の終わりからずるずると入院してきましたが、いよいよ本日退院となります。
めでたい。いや、ほんとうにめでたい。
実のところ、危機的な状態がなかったわけではなく、当然あまりおもろい報告もできずで、その後どうなってんだよ、などとご心配いただいていた方も少なくないようですが、まずは退院。
とはいえ、これでスパッと完治したのかと言えばそういうものではなく、長く寝込んでいた都合上、全身もれなく相当なよれよれ具合だし、通院加療は少なくとも数ヶ月単位で続きます。
当初は抵抗力が激烈低下しているということで、通院以外は可能な限り家から出るな、人にも会わん方がええ、的な助言付き。食事制限あり。
……ってなことで、自宅で静かにリハビリ方向でしょうか。
そんなこんなで、すぐみんなに会って何とかって感じではないんだけれど、とにもかくにも、前進。じわじわ復帰を目指します。
よろしくどうぞ。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

汝、我が民に非ズ。ふむふむ。

汝、我が民に非ズ(町蔵/町田康の新しいバンドね)に行ってきましたよ。

これがですね、よかった。非常によかった。今年観たライヴの中で一番。いや、ほんとに。

声もよく出ているし、ちょいはにかむ笑顔がキュート(?)だし、べしゃりも空振る感じまで含めて素晴らしく、いやあ、楽しかった。
当然の如く呑み過ぎてしまい、降りなくてもいい高円寺というところで降りてしまい、寄らなくてもいいRocketなる店に寄ってしまい、報告しなくてもいいロケット師匠に報告してしまうぐらいによかった。さらに酔った。

バンド自体もしっかりと頼りになるいい演奏。きちんとしていて、というか、むしろきちんとしすぎではないかしら、あなたたち、と思わなくもなかったぐらいであります。
ドラムのお嬢さんとサックス/フルートのおじさん、特にいい感じだったなあ。

唯一気に入らなかったのが、紙を持って唄うってところだな。あれは嫌だ。
喋るときにメモを眺めるのはいい。けどさ、唄うときにもメモをひらひらさせながらってのはいただけない。ちゃんと覚えてこいよ、覚え切れなきゃアドリブで乗りきれよ、というようなことを思わずにはいられなかった。

アンコールではご親切にも「インロウタキン」なんぞまで演じる大サービス。
それはそれで私もちょびっと嬉しかったんだけれど、冷静に考えると、そこを引き摺る必要性はなかったと思う。このバンドはこのバンドで素晴らしく成立しているのであり、もはやINUの影は必要がなく、というか、そもそもあなたはもはや町蔵ではなく町田康なわけで、その新しいバンド、汝、我が民に非ズなわけで。

なんじゃかんじゃ今でもあれこれが頭の中をぐるぐるしているわけだけれども、兎にも角にも楽しかったよ。また観に行くこと必至。いいバンドだ。

カテゴリー: brown shoe | コメントする