個人情報の壁

一昨日の午後、米寿も超えた伯母さんから電話があり、歩けなくなったから救急車を呼んだ、行き先が決まったら、また連絡するから自宅で待機していろ、ということでした。口もそれなりにきちんと回っていたので、持病の股関節とかそんなことなんだろうか、と思いつつ、待つ。

待つ。

待ったけれども、夕方になっても連絡がなく、運ばれる可能性がありそうないくつかの病院に問い合わせてみると搬送されてきていない、とのこと。友人のお医者さんに相談してみたり、じたばた。

119にかけてみても、個人情報に関わることは一切出せない、と。救急車を出してくれた管轄の消防署にかけても条例が厳しくて個人情報は出せないってな話で埒が明かない。家族の誰かに搬送された病院から連絡があるはずだ、という感じの対応ね。

最終的には翌朝になって、どうにか情報を獲得することに成功してなんとかなったわけですが、この個人情報の壁というのはなかなか手強いですね。

実際問題、万が一、私がわる〜いやつ、詐欺師だったりストーカーだったりって可能性もゼロではないわけで、そこから事件に発展した場合、情報を伝えたことが責任問題になる。それはわかる。なんだけどさ。ねえ。

今回の場合、当人がそんな重篤じゃない状態だったから良かったものの、個人情報の壁に阻まれて死に目に会えなかった、なんてケースもありそうだと思います。

なので、単身で住んでいる人は財布の中にでもいざって時の連絡先やら何やらを常備しておくべきではないかな。病院なり、救急隊なり、警察なりから連絡が行くように。

私の場合、伯母と甥って関係だったわけですが、身分証明できるものを提示しても同居していない限り、それじゃ関係性を確認できないわけです。住民票ぐらいじゃ役に立たない。

で、その時にそれなりに効果があったのが、封書です。差出人(伯母)と宛先人(私)とは他人ではないってところはわかる。文面の内容もチェックしてもらって距離感もわかる。

それから、今回のような場合、病院に問い合わせるに当たって、Aさんは入院していますか、なんて尋ねると、個人情報なのでって軽く突っぱねられる確率が高い。

身分姓名を名乗ってから、Aという者が救急車でそちらに搬送されたと思うんですが、その後連絡がなくて心配している、と鎌をかけるぐらいの勢いの方がいいかもしれません。ちょっと罪悪感がありますが、安否不明なまま放っておけないし……。

結果的には、病院側でも家族を探していたということで、お互いにとって良き結果になったわけですけれどね。

そんなこんなで、入院後の手続きやら何やらもこなすことができたわけですが、いやあ、これ、難しい問題だなあ。高齢化社会で独居率も高まるだろうし、あちこちで発生しますよ。

なんてなことを思いつつ。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

直撃の記憶

録りだめてあった『エイト・デイズ・ア・ウィーク』を観たものでビートルズを聴きまくっている。ちなみに、先週は『最高の魂を持つ男』のおかげでJBを聴きまくっていた。

ビートルズはリアルタイムで聴いていた感覚はない。そうは言っても、中高生の頃にあほのようにリピートしていたんで染み付いておりますなあ。そして、今でもすごい。

私の中の初期の強烈な直撃の記憶ってのは『Red』『Blow By Blow』『the Basement Tapes』。で、『Never Mind the Bollocks』で世界が変わった。

あ、もっと前にELECの頃の泉谷にもやられていたわけだけれど、あれはレコードよりもライヴの衝撃だな。

カテゴリー: brown shoe | コメントする

電子ピアノに揺らぐ。

忘れないようにお安い電子ピアノのメモね。

弾いてみたのはYAMAHAのP45、P115、RolandのFP-30、KORGのB1。

KORGは鍵盤がチープな印象。これは無理。
YAMAHAとRolandはそれぞれぼちぼち。
P45とP115は同じ鍵盤だってことだったけれど、スタンドの違いに起因するのか、P45の方がより感触がいい。
音質はRolandがお高いだけあってベター。低音まで存在感あり。
P45とP115だと115の方が明らかに音はクリア。高いところもそれなりに出る。P45はかなり物足りない。
なんだけれども、どれも内臓スピーカーの違いが大きい気はしたなあ。それなりのスピーカーを繋げれば随分違うんだろうけれど、遊び道具としてそれでは本末転倒なので本体だけで完結したい。

USB経由でMIDIを吐けるので、いざとなればコントローラとして入力にも使えるわけで、データだけ録って、音源を差し替えるということは可能です。なんだかんだでピアノ音源もいろいろ持っているわけだし。
MacユーザならGarage Bandで遊ぶのにも便利かもしれない。
ちなみに、ミヤザキナオコさんのファーストの特典音源はそんな感じでデータで録ってうちの音源に差し替えたものを使いましたよ。本編はグランドを生で録音しましたけれども。

全体的に昨今のエレピ鍵盤のアクションはなかなかですよ。値段を考えると驚異的だと言ってもいいと思う。へたっているコンディションの悪い生ピアノよりはいいってこともあるでしょう。
ま、でも、さすがに生感は薄いんだよね。
その分、音量調節できたりヘッドフォンで夜中でも遊べるってことを考えるとこれはこれで侮れないけどね。

そうそう、YAMAHAさん、10月から1割ぐらい値上げになるそうで、買うなら今、だそうです。
悩む。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

ライヴ・タイトルには龍虎って書いてあったよ

昨日の三上寛+イツロウ+加藤一平 at Yellow Vision。うしろの方でみていたんだけれど、最初はかなりバランスあしく、悪い意味でケイオティックでしたよ。ぶっちゃけ酷かった。
終演後に話していたら、板の上では良かったんでしょうね、寛さん、バランス良くて演りやすかったよ、とおっしゃっておりました。が、前の方に座っていたウクライナ人カップルが始まってすぐに私の横に退避してきたぐらいの耳疲れのするぐしゃっとした感じではありました。
音像の定まらないPA的な混沌はともかくとして、演奏は楽しかった。ただ、イツロウくん、一平くん、きちんとしすぎだな。
例によって、暴言吐きますけれども、若いんだからもっと突撃しろよ、と。寛さんが、おまえらうるさいなって眉を顰めるような瞬間があっても良かった、というか。そうしたら、寛さんもさらに一段上がって、猛烈なパンチで殴り返してきただろうし。そういうのが観たかったなあ。
……なんてなことを、客席にいると気楽に思えていいですなあ。いやはや。

前にイツロウくんにとライしてもらいたいと提案したことがひとつあるんですよ。演奏中に寛さんの唄をライヴでサンプリングしてぎゅんぎゅんに攻める、みたいなことね。絶対に面白いと思う。そのうちに実現するといいな。失敗したら失敗したでいいしさ。

何はともあれ、ぐびぐびおいしい酒が呑めた夜でした。良かった。

カテゴリー: brown shoe | コメントする

めまい。

なでしこ澤が苦しめられた良性発作性頭位めまい症ってのがあるじゃないですか。
私、数年前、あれに罹患しまして、ぐるんぐるん目が回るのにぶったまげた次第です。いや、ほんとに驚いた。
病院加療で一日半ぐらいの感じで治ったのは幸いでした。澤さん、随分と長いこと苦しんでいたもんね。
何にせよ、これが、単車を諦める気になった大きな要因ではあります。

で、一昨日の朝、ちょっとぐわっと目が回って、あれ、再発かなと思ったんだけれど、そんなでもなかったので、台風で気圧の変化が激しいからかもなあ、などと一日をのんびりへらへら過ごしていました。

ところがですね、昨日の朝、染之助師匠の傘ばりにぐわんぐわんに回りまして、再発を確信した次第。
ただですね、これ、ちょっとするとおさまるんですよ。日に何度も目眩が起きるとはいえ、各回、1分とかあるいは何十秒って感じでおさまる。
で、前回、茶髪の軽〜いおねえちゃん的な女医様に診てもらった際に放っておいてもすぐに治ることもあるんですよってなことを言われていたもんで、医者に行かずに何とか乗り過ごそうかな、と。そんなわけで、遊びに来た友だちと家で呑んだくれたりしておりました。

でもですよ、今日も朝からまるでだめだめな感じなんです。何度もぐわんってくる。しょうがないから耳鼻科に出動かなあ。めんどくせえ。気が重い。

カテゴリー: soranoiro | コメントする

Ornette

訃報にのっかって、昨日から Ornette の『Beauty Is A Rare Thing』を聴いているわけですが、やはり、いい。
これは Atlantic時代のレコーディングのコンプリートものです。

実際のところ、私がよく聴いていたのは70年代の後半。
『Dancing In Your Head』『Body Meta』。わかるようなわからないようなハーモロディックス理論にあとおしされた、どがしゃかした世界。Ronald Shannon JacksonとTacumaの強靭なコンビ。

で、もっとよく聴いていたのが、Charlie Hadenとのデュオ『Soapsuds, Soapsuds』。
あれはすごかった。よかった。
自分の部屋と夜の闇しかない、みたいな、寂寞として、でも、どこか暖かい(だって、自分の部屋にいるんだからさ)、不思議なめまいを引き起こさせるようなアルバムだった。

何というレーベルだったか忘れたけれど、Ornetteもの以外にも、Dave Liebmanの『Pendulam』やJames Blood Ulmerのアルバムも出したりして、私にとっては非常に期待度が高かったのに呆気なく消えてしまったんだった。

音楽が引鉄になって、いろいろなことを思い出すものである。

カテゴリー: brown shoe | コメントする