まあ、縁ってものはあるよね。

思い出したことをもうちょっと書いておこう。

曲が選ばれたのは良かったんだけれど、当時のうちの機材と私のレコーディング技術ではちょびっと不安があった。
それで、むらたつとむに連絡したのだった。あさがやんずの80年代後半のキーボードね。というか、よく考えると、あさがやんずで正式メンバーと認定されたキーボード・プレイヤーは他にいないんだな。

彼は当時すでに超がつく売れっ子ミュージシャンをプロデュースする立場で大忙しだったはずだが、協力を快諾してくれた。えらいね。
歳下ってだけで横からわあわあ言われながらの作業はやりにくかっただろうなと思うけれども、まあ、そういうところは巡り合わせってことで諦めてもらおう。

実はこの “Voices in the Air” のギターを弾いているのはむらたである。
私自身ギタリストであるので自分で弾くのが筋ではあろうけれども、気持ちよく協力してくれた彼をはっきりした形でフィーチャーしたかったんだな。それに、そもそも私よりギターが上手なんですよ。

同じ道具を使っていても、他の人の作業を見ることによって発見することというのはいろいろある。
その制作の過程で彼がloopを扱う手際を目にして、私はようやくloopってものの使い方をわかったような気がしたのでありました。
技術的な実験/テストの意味合いでloopを使った作品群を作ってみようと始めたのが BakaNeko Project なのであります。実際のところ、結局はloopを切り貼りするよりも自分で弾いたり打ち込んだりする方が楽だなってことの連続で、いまだにloopの扱いは得意ではないんだけどさ。

この『September Rising』で協力してもらったところから、また一緒に呑む機会ができてきたりした流れで、むらたのMisaco + Otherzへの参加、あさがやんずレコードの設立へと繋がっていくのであります。
世の中、何が起こるか、意外で面白いもんだよね。いや、ほんとにさ。

カテゴリー: soranoiro パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください