『愛の残像』

録りだめてあった『愛の残像』をみた。

きれいな映像がちらほらあるな、ぐらいで、作品としてはぴんと来なかったんだけれど、エンドロールで流れるヴァイオリンがとにもかくにも印象的。ロングトーンで原音が消えていくところ、ギターのフィードバックのような高い響きがきれいに残る。いい。

クレジットを確認したら、Didier Lockwoodだったですよ。曲を書いてピアノを弾いているのは、Jean-Claude Vannierという人。記憶にない。アルバム探すかな。

カテゴリー: brown shoe パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください