『Views From 13th Floor East』

1/22に『Views From 13th Floor East』というアルバムをリリースします。Zenta Sato名義で出すのははじめてになりますね。

私は人生において名曲しか書いたことがないと豪語する図々しい人間です。どの曲もいい。うん。いや、ほんとに。
なんだけれども、『Views From 13th Floor East』、14曲通しでひとつの作品として聴いてほしいという気持ちも強いんです。なんというか、君の30分を騙されたと思ってこのアルバムに費やしてくれ、ってなこと? ベイビー、おまえの30分をおれにくれ、みたいな?

というのも、これはちょっとヘンテコなコンセプト・アルバムだからです。
昏迷状態で救急車で病院に運び込まれてそのまま入院。足元おぼつかぬよれよれ姿なれどもどうにかこうにか退院して家のベッドにかえりつくまで。そんなプロセス。私小説の短篇集みたいだよなとも思ったりして。

アルバム・タイトルは入院していた13階東病棟のこと。
一ヶ月ぐらい入っていたんだけれど、多少元気になってきた後半にはMacBookとちっちゃい鍵盤を持ち込んで曲を書いていたんですね。2週間ほどで断片を含めれば40曲以上。
言葉はそううまくはいかなかった。普通の会話に困るようなことはなかったけれど、創作というレベルではまるで書けなかったな。一方、音はどんどん出てきた。鍵盤の前に座ると溢れてくる。不思議な感覚でした。
言葉と音、脳の使う場所がちがうんだね。

このアルバムを作っているとき、当時の景色や感覚が頭の中を往来して、「生きなおす」というか「死に損ないなおす」というか、独特な再体験というところもありましたよ。そういう意味でも作ってよかった。

アートワークは清正崇。
鈴木純夫氏のコラージュ作品を帯に使わせてもらっています。
毎度お馴染みのMIsacoさんは3フレーズのみの参加。
それと、みずほさんにナーシング・ヴォイスを提供してもらっています。

よろしくどうぞ。

投稿日:
カテゴリー: soranoiro

私はZenta Satoではないのだろうか。

Apple Music / Spotify / Amazon Musicなど、演者アカウントみたいなのを作ると自分の曲の情報にアクセスできたりするようになるわけなんですが、Amazon Musicがどうしても私をZenta Sato本人と認めようとしないんですよ。3回ほど申請したんだけれど、あなたは本人とは認められない、みたいな返事がきて却下。どういうこと?

アグリゲイタともリンクさせているのに。

ちなみに、AppleやSpotifyでは申請してすぐに認証されています。本人なので当然と言えば当然なわけですが。

Amazonよ、わしの何がいけないんだ。SNSのアイコンが猫だからか。

投稿日:
カテゴリー: soranoiro