電子ピアノに揺らぐ。

忘れないようにお安い電子ピアノのメモね。

弾いてみたのはYAMAHAのP45、P115、RolandのFP-30、KORGのB1。

KORGは鍵盤がチープな印象。これは無理。
YAMAHAとRolandはそれぞれぼちぼち。
P45とP115は同じ鍵盤だってことだったけれど、スタンドの違いに起因するのか、P45の方がより感触がいい。
音質はRolandがお高いだけあってベター。低音まで存在感あり。
P45とP115だと115の方が明らかに音はクリア。高いところもそれなりに出る。P45はかなり物足りない。
なんだけれども、どれも内臓スピーカーの違いが大きい気はしたなあ。それなりのスピーカーを繋げれば随分違うんだろうけれど、遊び道具としてそれでは本末転倒なので本体だけで完結したい。

USB経由でMIDIを吐けるので、いざとなればコントローラとして入力にも使えるわけで、データだけ録って、音源を差し替えるということは可能です。なんだかんだでピアノ音源もいろいろ持っているわけだし。
MacユーザならGarage Bandで遊ぶのにも便利かもしれない。
ちなみに、ミヤザキナオコさんのファーストの特典音源はそんな感じでデータで録ってうちの音源に差し替えたものを使いましたよ。本編はグランドを生で録音しましたけれども。

全体的に昨今のエレピ鍵盤のアクションはなかなかですよ。値段を考えると驚異的だと言ってもいいと思う。へたっているコンディションの悪い生ピアノよりはいいってこともあるでしょう。
ま、でも、さすがに生感は薄いんだよね。
その分、音量調節できたりヘッドフォンで夜中でも遊べるってことを考えるとこれはこれで侮れないけどね。

そうそう、YAMAHAさん、10月から1割ぐらい値上げになるそうで、買うなら今、だそうです。
悩む。

投稿日:
カテゴリー: soranoiro

ライヴ・タイトルには龍虎って書いてあったよ

昨日の三上寛+イツロウ+加藤一平 at Yellow Vision。うしろの方でみていたんだけれど、最初はかなりバランスあしく、悪い意味でケイオティックでしたよ。ぶっちゃけ酷かった。
終演後に話していたら、板の上では良かったんでしょうね、寛さん、バランス良くて演りやすかったよ、とおっしゃっておりました。が、前の方に座っていたウクライナ人カップルが始まってすぐに私の横に退避してきたぐらいの耳疲れのするぐしゃっとした感じではありました。
音像の定まらないPA的な混沌はともかくとして、演奏は楽しかった。ただ、イツロウくん、一平くん、きちんとしすぎだな。
例によって、暴言吐きますけれども、若いんだからもっと突撃しろよ、と。寛さんが、おまえらうるさいなって眉を顰めるような瞬間があっても良かった、というか。そうしたら、寛さんもさらに一段上がって、猛烈なパンチで殴り返してきただろうし。そういうのが観たかったなあ。
……なんてなことを、客席にいると気楽に思えていいですなあ。いやはや。

前にイツロウくんにトライしてもらいたいと提案したことがひとつあるんですよ。演奏中に寛さんの唄をライヴでサンプリングしてぎゅんぎゅんに攻める、みたいなことね。絶対に面白いと思う。そのうちに実現するといいな。失敗したら失敗したでいいしさ。

何はともあれ、ぐびぐびおいしい酒が呑めた夜でした。良かった。

投稿日:
カテゴリー: brown shoe